Blogが消えたよー!

[MagSafeバッテリー]正直、AppleよりAnkerだと思ったけど、そうも言えなかった魅力がAppleにあるかも。

たかなん | Takanone です。

今回は、Anker PowerCore Magnetic 5000のみを使用した記事です。

iPhone 12から搭載されたMagSafe

iPhone 12シリーズから搭載された新機能がMagSafeです。
MagSafeは、磁石でアクセサリーがくっつき、ワイヤレス充電などができるというシステムです。

そんな機能が搭載されたiPhoneが発売されて、様々なアクセサリーが、Apple純正品としてやサードパーティ製として、発売されました。
しばらく経った頃、新たなアクセサリーが登場しました。

MagSafe対応のモバイルバッテリーです。

Appleと、Ankerから。

https://amzn.to/3IiTYoB

https://amzn.to/3EuNp00

MagSafe対応モバイルバッテリーはAppleとAnkerのどちらが良いのか

Appleは『Apple MagSafeバッテリーパック』という製品を、Ankerは『Anker PowerCore Magnetic 5000』という製品を販売しています。

どちらも、MagSafeのワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーです。

では、どちらが優れているのか。

結論から言うと、それぞれに良いところはあると思います。

両方の大まかな違い

Apple MagSafeバッテリーバックAnker PowerCore Magnetic 5000
特徴MagSafe接続したときにiPhoneでバッテリー残量が表示される
充電器に接続したiPhoneでこのバッテリーパックを充電できる
数少ないサードパーティー製のMagSafe対応モバイルバッテリー
MagSafeのくっつき力良いと思われるちゃんとくっつつ
バッテリー容量1460mAh5000mAh
単体時のワイヤレス出力最大5W5W
ケーブル接続時のワイヤレス出力最大15W
ケーブルでの有線出力最大10W
ケーブル端子LightningUSB-C
価格11,800円4,000~4,500円程度

どっちもそれぞれに良い気がする

最初、「Anker一択!」というようなタイトルで記事を書いていました。

Appleの1万円という価格は、モバイルバッテリーにしては高いのではないでしょうか。
コストパフォーマンスを考えれば、Ankerだと思います。

ですが、記事を書き進めるうちに、Apple・ガジェットが好きな人は、Apple純正品も選択肢に入ると思うようになりました。

Ankerも良い質感ですが、純正品はデザインがApple製品らしく上質なこと。
バッテリー情報が見れること。
iPhoneとの双方向充電に対応していること。

これらはちょっと、心のどこかをくすぐられます。

わたしは価格の面からAnkerを選びましたが、いつかApple MagSafeバッテリーパックを手にする時が来るような気がします。

https://amzn.to/3IiTYoB

https://amzn.to/3EuNp00