Windows PCをリモートデスクトップ接続でAppleデバイスから操作する

未分類
この記事は約5分で読めます。

たかなん | Takanone です。

この記事では、Appleデバイスから、リモートデスクトップ機能を用いてWindows PCを遠隔操作する方法を解説します。

前回、書いた、M1 MacでのWindowsの使用を実現するための記事です。
”Mac”ではなく、”Appleデバイス”と広く想定したのは、ほとんど同様の設定で、Macのほか、iPhoneやiPadでも利用できるからです。
もっと言えば、ほかのWindows PCやAndroidデバイスからもできると思います。

広告

Windows PCをリモートデスクトップ接続でAppleデバイスから操作する方法

Microsoft Support(https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9-5fe128d5-8fb1-7a23-3b8a-41e636865e8c)にも書かれています。
ここでも、簡単に説明します。

用意するもの

  • Windows PC
  • Windows 11 Pro
  • Appleデバイス

今回は、わたしの手元にあるPCがWindows 11だったため、Windows 11を前提に進めます。
Windows 10でも、おおまかなやり方は同じです。

Windows 11のエディションがProではなく、Homeの人は、手順でアップグレードしてください。

Windows10 or 11 Proを導入する

すでにWindows 10 or 11 Proの人はスキップしてください。

Windows PCにWindows 10 or 11 Proをインストールします。
クリーンインストールする場合は、通常の手順でインストールします。

現在、PCをWindowsのHomeエディションで使用している人は、アップグレードの必要があります。

アップグレードの方法は、Microsoft Support(https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-home-%E3%81%8B%E3%82%89-windows-pro-%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89-ef34d520-e73f-3198-c525-d1a218cc2818#WindowsVersion=Windows_11)にもあります。

Windows 11を前提に、簡単に説明します。

  1. Windowsメニュー(右クリック) -> 設定 -> システム -> ライセンス認証 -> プロダクト キーとライセンス認証 -> Windows のエディションをアップグレード を選択していく
  2. Microsoft Storeのアップグレード画面が開く
  3. 購入 をし、支払いをする
  4. 画面に従い、アップグレードをインストールする

アップグレード購入時に米国しか選択できず進めない

ちなみに、わたしはここでつまづいています。
Proへのアップグレード購入で、支払情報の入力時に米国しか選べなくて進めませんでした。

この対応方法は、下記の通りです。

  1. Windowsメニュー(右クリック) -> 設定 -> 時刻と言語 -> 地域設定 を選択していく
  2. 地域設定を 日本語(日本) に設定する

Windowsでリモートデスクトップを利用する設定をする

Windows側の設定です。

  1. Windowsメニュー(右クリック) -> 設定 -> システム -> リモート デスクトップ を選択していく
  2. リモート デスクトップ を オン にする
  3. セキュリティソフトウェアの ファイアウォール で リモート デスクトップ を許可する

ファイアウォールの許可設定

わたしはKaspersky(カスペルスキー)のセキュリティソフトウェアを起動していたのですが、ファイアウォールによってリモートデスクトップ機能がブロックされていました。
ファイアウォールでリモートデスクトップを許可する必要があります。

IPv4アドレスの確認

IPv4アドレスはAppleデバイスの設定で使用するので、確認してメモしておきます。

Wi-Fi使用の場合、下記の手順で確認できます。

  1. Windowsスタートメニュー -> 設定 -> ネットワークとインターネット -> Wi-Fi -> ハードウェアのプロパティ と選択していく

AppleデバイスにMicrosoft Remote Desktopアプリをインストールする

  1. App StoreからAppleデバイスに Microsoft Remote Desktopアプリケーションをインストールする

Mac OSの場合:

‎Microsoft Remote Desktop
‎Use Microsoft Remote Desktop for Mac to connect to a remote PC or virtual apps and desktops made available by your admin. With Microsoft Remote Desktop, you ca...

iOS・iPad OSの場合:

‎Microsoft リモート デスクトップ
‎iOS 用 Microsoft リモート デスクトップ アプリを使用して、管理者によって許可されたリモート PC、仮想アプリ、仮想デスクトップに接続します。Microsoft リモート デスクトップを使うと、どこにいても生産性を高めることができます。 はじめに の情報を使用して、PC のリモート アクセスを構成...

AppleデバイスのアプリケーションからWindowsに接続する設定をする

Appleデバイス側(Macの場合)の設定です。

  1. Microsoft Remote Desktopアプリケーションを起動する
  2. + -> Add PC と選択していく
  3. PC name: のボックスに先ほどメモしたIPv4 アドレスを入力する

リモートデスクトップ

設定は終わりです。

あとは追加されたサムネイルをタップして接続します。

接続の際、ユーザー情報を入力するウィンドウが表示されるので、WindowsのOSのユーザーでログインしているMicrosoftアカウントのID・パスワードを入力すれば接続できます。

しっかりと手順を踏んでいけばすごく難しくはないと思う

わたしはいろいろとつまづきましたが、しっかりと手順を踏んでいけば、簡単ではないけど、すごく難しいわけでもないと思います。

挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました