リモートデスクトップを用いてMac M1 で Windows を使う

未分類
この記事は約4分で読めます。

たかなん | Takanone です。

Appleシリコン M1チップを搭載したMacが発表されてから、約1年が経過しました。
先日は、M1 Pro・M1 Maxというチップを搭載した新型MacBook Proも発表されたばかりです。

Appleシリコンになって変わったことはたくさんあります。
それらは良い点がほとんどですが、Intel版Macと比較して悪くなった点が個人的に1点あります。
それはWindowsが使えなくなった点です。

広告

M1 MacでWindowsが使えない2つの理由

M1 MacでWindowsが使えない理由は2つあります。

M1チップのMacはBoot Campが使えない

Boot Campとは、Intel版Macに標準搭載されている、Macに他OSをインストールしてマルチブート(起動OSを選択できること)を可能にするシステムです。

これがM1版Macには搭載されていません。
あとからインストールすることもできません。
システムが対応していないようです。

WindowsがM1チップに対応しない

Boot Campが使えないだけなら、Parallels Desktop(https://www.parallels.com/jp/)というアプリケーションを利用して、仮想マシン上でWindowsを使用できるのですが、そもそもWindowsというOSがApple M1チップに対応していません。

Microsoftは、WindowsでApple M1 Macをサポートする気はないようです。

厳密にはInsider Preview版のWindowsは、現状、Parallels Desktopを介して起動できるようですが、プレビュー版なので、正式版とは異なった仕様です。

M1 MacでWinodwsを使用するには

この状況を踏まえると、M1 MacでWindowsを使用する方法はないように思えます。

しかし、お金をかければ、M1 MacでWindowsを使用する方法はあります。
リモートデスクトップです。

リモートデスクトップとは

リモートデスクトップとは、インターネットに接続されたWindows PCを遠隔操作する機能です。

リモートデスクトップでWindowsをM1 Macで使用する

人によっては、初期投資がかなりかかります。

必要なもの

  • Mac PC
  • MacでないPC(そこそこのスペックのもの)
  • Windows 11 Pro(MacでないPCにインストールする用)

これら3つが必要です。
平たく言えば、PCが2台、必要ということです。

Mac PCは良いとして、Windows PCのほうですが、Windows OSはプリインストールでも良いですし、別途、用意してインストールしても構いません。

注意として、Windows 11にはHomeとProの2つのバージョンがありますが、Homeエディションではリモートデスクトップが使えません。
リモートデスクトップを利用するには、上のProエディションである必要があります。

新たにWindows PCやWindows OSを購入する人は、Proエディションを購入する必要があります。
すでにHomeエディションのWindows OSを利用している人は、Homeエディションからのアップグレードで、新規購入よりも安くProへアップグレードできます。

リモートデスクトップの設定方法

別記事で紹介します。

リモートデスクトップは思ったよりは使える

リモートデスクトップと聞いて、遠隔操作は遅延がひどいイメージを持っていたのですが、思ったよりは実用に耐えました。
そうは言っても、遅延はありますし、画質も落ちます。

Windows PCを持っているなら、それをそのまま使えばいいんじゃない?と思う人もいるかもしれません。
一理、あります。

ただ、わたしの場合は、タワー型Windows PCを、MacBook Proでリモートデスクトップします。
つまり、MacBook Proを持ち運んで、好きな場所で良いスペックのWindows PCを利用できるのがメリットです。

コストを考えると、おすすめです!とは言いにくいですが、現状、これが唯一の方法だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました