初めて自作PC組んでみた

こと
こともの
この記事は約6分で読めます。

たかなん | Takanone です。

今回、いわゆる自作PCというものを初めて組んでみました。

皆さんは自作PCをご存知でしょうか。
自作PCと言われると、はんだごてとか使うイメージを持たれる人もいるかもしれません。

ここでいう自作PCとは、パーツを購入して、それらを配線・組立してPCとして完成させるものです。
簡単ではありませんが、すごく難しいわけでもありません。

わたしはずっと自作PCに興味がありました。

そしてついに、今回、初めて自作PC組立に挑戦してみました!

作業風景は諸事情(部屋がごちゃごちゃ)で写真などはないのですが、簡単に流れを紹介します。

広告

PCの自作の手順

PCの目的を考える

PCを自分で選んだことのある人はわかるかもしれませんが、PCには様々なモデルがあり、それぞれスペック(性能)が異なります。
価格も性能を控えめにしてコストを抑えた数万円のものから、高性能・高価な数十万円のものまであります。

多様なラインナップからPCを選ぶには、その用途と予算にあったものを選ぶ必要があります。

自作PCも同様で、それぞれのパーツスペックを考慮して、目的と予算に合わせたパーツを選定していく必要があります。

ということで、まず、PCの目的を考えます。

わたしは、すでに1台PCを持っており、今回、組み立てるPCはゲーム用にしたいなーと考えました。

予算を考える

PCの予算を考えます。

自作PCが初めて、予算なんてよくわからない、という人は、BTOのPC(構成をカスタマイズできるPCの購入方法)のショップを見てみるとヒントになります。

わたしで言えば、ゲーミングPCのBTOで〇〇(ゲームタイトル)推奨モデルだとこのくらいかー、といった感じです。

あとは、パーツの選定をしながら相場を掴んでいく感じです。
パーツを選んでいると、予算がオーバーしてくると思います。

パーツを選ぶ

パーツを選びます。

でもどのパーツから選んでいいかわかりませんよね。
わたしは下記のページを参考にしました。

【自作パソコン】PCパーツを選ぶ順番を初心者にもわかりやすく簡潔に解説
パソコンを自作してみたいけれど、調べても専門用語の長々とした説明や、謎のグラフばかりで、結局どのパーツを選べば良いのかわからなくありませんか?簡単にわかりやすく説明して、初心者でもパソコンパーツを選べるようになることを目 ...

それからこういった自作PCの構成シミュレータを使いました。

自作PC構成ツール・見積もり・パーツ互換性チェック|自作.com
自作の「自作PC構成・見積もり」は、自作PCのパーツ構成を予算や費用を確認しながら簡単にシミュレーションできる自作PCシミュレーターツールです。他の方が作ったPC構成は「みんなの自作PC」で探してみて下さい。自作ゲーミングPCの構成もたくさんアップされていますので、自分でパソコンを構成する時の参考になると思います。

価格や相性などがわかり、非常に便利です。

パーツを選ぶ際のポイントとしては、よくわからないメーカーのものやAmazonレビューが少ない製品はやめておいたほうが良いです。

少し高くても、人気のあるパーツを選びましょう。
品質の問題もありますが、一番は、配線・組立の際にわからないことがあっても、人気のないパーツだと検索結果が少なくて、解決しにくいからです。

パーツを配線し組み立てる

パーツが決まれば、購入します。

全て揃ったところで、いよいよ組み立てます。
たぶん、一番、大変で、疲れて、厄介な部分です。

大まかな手順を調べます。
わたしは下記のページを参考にしました。

【画像57枚】自作パソコンの組み立て方をくわしく解説【Intel編】
自作パソコンの組み立て方を写真57枚を使ってくわしく解説します。組み立てに必要な時間、用意しておくといい道具や起動しないときの対処法も紹介。この記事を読めば、初めての方でも迷わず組み立てられますよ!

大まかな流れがわかったところで、各パーツの説明書を読みながら組み立てていきます。

PCパーツは精密機器なので、扱いには注意しましょう。
特に静電気には注意が必要です。

作業を進めていくと、説明書がわかりにくかったり、説明不足だったりすることもあります。
そういった場合は、「パーツの製品名・型番+知りたいこと」をキーワードに検索します。

起動

途中で、最小構成と呼ばれる、PCが起動するのに最低限のパーツのみで起動をします。

こうすることで、基本的なパーツが壊れていないか、配線等の不具合がないかを確かめます。

全て組んでから初起動だと、もし不具合が起きた場合に、最小構成よりも多くのパーツが接続されているため、どのパーツが原因で不具合が起きているのか、原因の切り分けが面倒になります。

それに、全パーツのたくさんの配線をした後に、1番目の工程が違ったとなると、また全てパーツを外してやり直しすることになり、大変です。

そんなふうに力説をしているわたしですが、最小構成での起動をしませんでした。

トラブル

トラブルは、みんな一度は経験すると思うんです。

はい。
わたしも、今回、経験しました。

組み立て後、ワクワクしながら電源ボタンを押しました。

……

はいー。
何も映らないー。

ちょっと半分は予想していました。
そう簡単にはいかないと。

でも高価なパーツをたくさん購入したわけで、諦めるわけにはいきません。
原因を探っていきます。

モニターに何も映らないということで、まず、グラフィックボードを疑います。
わたしが、今回、怠慢でしなかった最小構成での起動をしていた場合、最小構成にグラフィックボードは基本的に含まれないので、グラフィックボード関連の原因は簡単に除外できます。

こういうことがあるので、皆さんには最小後世での起動を怠らないことを勧めます。

話を戻します。

グラフィックボードの配線を確認します。
良いような気がするけど、正直、よくわからぬ。
でもファンが回っているから電力は供給されていると思う。

CPU関係かな。
もしかして、CPUソケットのピンが折れた?
外して確認。
細かくてよくわからぬけど、良い気がする。

CPUクーラーのファンも動いている。
ケースのファンも動いている。
このあたりの配線は良いのだろう。

うーん。

マザーボードのLEDが光ってるけど、これ、なに?
検索すると、この色の点灯はCPUの起動が終わり、次のメモリの起動の段階で停止していることを示すものらしい。

メモリが正しく正しく挿さっていないことがあります?
フッ。
そんな間抜けで初歩的なミスをするわけなかろう。

とはいえ、もう他に原因らしきものがないので、メモリのソケットを変えてみたりと、メモリを何度か抜き差しして弄っていると、すごくよく挿さった瞬間があった。

ごめんなさい。
よく挿さってなかったみたいです。

え、こんなに深く刺さるの!?
驚きました。

その後、電源ボタンを押すと、無事、起動しました。

トラブル解決のポイント

PCの起動トラブルの時、どこまで進む(起動する)かというのは、とても重要なヒントになります。

ファンが回るということは、少なくとも、電源ユニットからマザーボードに電力は供給されており、そして各ファン搭載パーツの配線もあっている可能性が高いと考えられます。

逆にファンすら回らなければ、そのあたりを疑うところから始めます。

ファンが一瞬回ってすぐに止まるのであれば、CPUなどの熱暴走による安全停止機能が作動している可能性や供給電力不足が考えられます。
グリースがうまく塗れていなかったり、電源ユニットの電力を、パーツ合計の消費電力が上回っているなどです。

自作PCを組んでみての感想

正直、もうちょっと簡単とは思っていましたが、思ったよりも苦戦しました。

重いPCケースをひっくり返したりと、体力的にも疲れました。

時間としては、半日、かかりました。

でも、自分でPCが組めたという経験は、とても良かったと思います。
ちゃんと起動したときの感動・嬉しさもあります。

皆さんも、ぜひ、自作PCに挑戦してみてください。

最後にひとつだけ言わせてください。

Bluetoothキーボードでは、初回起動画面は操作できません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました