未分類

[1万円]カメラ・レンズを守る防湿庫は案外高くない

この記事は約2分で読めます。

カメラってどこに保管場所してますか?
みなさんは、カメラ・レンズはどこに保管していますか?

カメラやレンズは、適切な湿度で保管しないとカビが生えちゃったりします。

では、適切な湿度に保つにはどうすればいいのでしょうか。
安上がりな方法としては、乾燥剤を一緒に入れて保管することですかね。

一番いいのは防湿庫

でも、一番いいのは防湿庫。

防湿庫は電動などで庫内を一定の湿度に保ってくれるものです。

でも防湿庫と聞くと、なんか大きそうだし高そう。
そんなイメージはありませんか?

実は、防湿庫、1万円程度から購入できるんです。

Re:CLEANの防湿庫がコスパよくおすすめ

今回、1万円の防湿庫として紹介するのは、Re:CLEANという電動防湿庫です。
Amazonで30Lなら¥10,800で購入できます(2020/07/02現在)。

わたしも30Lを使用していますが、大きさとしては、ビジネスホテルの小型冷蔵庫よりも小さいです。
フルサイズミラーレスカメラ2台と大・中・小のレンズそれぞれ1本ずつの計3本を保管しています。

デザインもよく、インテリアとして馴染みやすいです。
しかも、安心の日本製です。
アナログの湿度計がついています。

使い方も簡単です。
コンセントに繋ぎ、湿度計を見つつ、適度な4度に安定するまで、ダイヤルを調整するだけです。

1万円の防湿庫で数万〜数十万円の機材を守る

防湿庫って大きくて高価なものだと思っていましたが、意外にリーズナブルな価格で導入できると知り、驚きました。

 

お金がかかる趣味であるカメラの中で、1万円が安いか高いかは人によるのかもしれませんが、数万〜数十万円の機材をカビから守れるのであれば、安いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました