未分類

Canon EOS Rレビュー

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、たかなんです。

今回はCanon初のフルサイズミラーレスカメラである『EOS R』のレビューをする。
わたしはこのカメラの前は、同じくCanonの、APS-Cセンサーのミラーレス機『EOS Kiss M』を使用していた。
比較はしないが、予備知識として知っておいてほしい。

広告

EOS Rレビュー

良くできているボディ

ボディの質感は良い。
グリップ感も良い。
しっくり馴染んで、持ちやすい。
滑りにくい。

ボタン・ダイヤルデザインは好みだけど……

操作性としては、ボタン・ダイヤルデザインがシンプルで好み。
EOS Rのダイヤルにはアイコンがついていなくて、ボディからも出っ張っていない。
これが非常に好みで、シンプルで良い。
カメラのゴテゴテした、メカ好きな人には物足りないかもしれないが。

マルチファンクションバーは散々な言われようだけど、個人的には好き。
わたしはISOを割り当てている。
ただ、”マルチ”なんて言いながら、カスタマイズの選択肢が限られすぎてるのには失笑。

電源ボタンが左にあるのは賛否両論かもしれない。
右のグリップ側にあれば、操作系がまとまっていて、片手操作も可能でいい気もする。

モニターについては文句なし

メインモニターはタッチパネル。
反応・感度は良好。

サブモニターの表示は白黒で、かっこいいだけでなく、視認性も良い。
あんまり見ないけど、電源OFFでも表示されている。

UI

設定は、ヘルプ機能もあって、初心者にも優しい設計。
十分な選択肢・カスタマイズができる。
C1〜C3まで、3つのカスタマイズ設定を保存できる。

シャッター音は良い

一通り、設定の自分好みにして撮ってみる。
パシャ。
シャッター音が好み。
シャッター音って重要だよね。
テンションを上げてくれる。
軽いなんて意見もあるけど、わたしはいいと思う。

AFは早い

ピピッと合ってくれる。
フォーカスガイドやらフォーカスピーキングなんかの機能もサポートしてくれてありがたい。
よって、MFレンズでも使いやすいと思われる。

写りはさすが

Canonだし、フルサイズだし、もはや写りについてコメントすることはない。

そのほか細々したところ

  • Fv(フレキシブルAE)なんていう、すごそうなやつもついているけど、わたしには使いこなせないのでマニュアルで撮っているのはここだけの話。
  • 電源OFF時、シャッター幕が降り、センサーを保護するのは素晴らしい。
  • マルチファンクションバーは前述の通り。
  • 顔認識AF(顔+追尾優先AF)に設定した場合、水準器が表示されないという初見殺し。
  • ボディ内手ぶれ補正は欲しいところ。
  • 欲を言えば、USB給電も欲しい。
  • 新マウントRシステムはRFレンズを使用していないからわからない。
  • 高感度耐性はなかなか(作例の写真はISO6400くらいだった気がする)。

作例

写りについては、作例をご覧あれ、と言いたかったが、HDD故障によりデータが飛んで、写真がない。
みんな、バックアップは絶対2か所以上だぞ?

とても良いカメラだがスペック的に頑張って欲しい面も

EOS R、とてもいいカメラだと思う。
大きさも重量もそこそこあるけど、どんどん持ち運びたくなる。
ずっと触っていたくなる。
カメラが好きになるし、写真を撮るのが楽しくなる。

だけど、完璧なカメラかといえば、そうではなく、長く使いたいかと聞かれれば、少し考えてしまう。
それは、個人的にはボディ内手ぶれ補正が非搭載な部分によるものだ。

巷では、EOS R後継機の噂が出始めている。
EOS R5・EOS R6と呼ばれているそれらにはボディ内手ぶれ補正が搭載されると言われている。
それだけではない。
新映像エンジン、連写性能の向上、デュアルカードスロットなど、たくさんの魅力的な機能の搭載が見込まれている。
もちろん、噂に過ぎないが。
それらの価格にもよるが、もしそれらが実現したとき、わたしはEOS Rを手放して新型機を購入しないとは言い切れない。

と、少し批判的になってしまったが、それでもEOS Rは現時点で、かなりいいカメラだ。
Canonはかなりの挑戦をしたと思う。
保守的でないこのカメラは、カメラの新しい時代の先駆となるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました